お金を借りる

お金を借りる前に読むべきサイト【注意点ガイド】

お金を借りることは簡単にできる

お金を借りる前に

お金を借りる方法は、難しそうに見えて結構たくさんあります。
身近なところで両親や友人から借りたり、消費者金融の窓口で借りる(カードローンを利用する)、
クレジットカードをお持ちの方なら、クレジットカードのキャッシング枠を現金化したり、一括払いで支払って後からリボ払いにする、等々…
クレジットカードも支払いを1ヶ月先延ばすだけで、広い意味では借金と同じです。
お金を借りるという行為は人々の生活と切り離せないものかもしれません。

 

お金を借りる前に確認すべき3つのこと

お金は借りようと思えばどこでも借りられる時代です。
お金を借りることは決して悪いことではありませんが、注意すべき部分はあります。
当サイトでは、お金を借りる前に読むべき注意点について触れたいと思います。

 

ご利用は計画的に!

お金を借りる前に

お金を借りた後のこと、きちんと考えていますか?
現代人のお金を借りる方法の主流は銀行や消費者金融のカードローンでしょうか。
三菱東京UFJ、みずほ、りそな、プロミス、アコム、レイク、アイフルCMはテレビをつけていれば嫌と言うほど目にするでしょう。
CMでも「ご利用は計画的に」のテロップが流れますよね。
借りたお金には利子が付きますから、借りたい金額と月々にかかる利子がどれくらいか把握しましょう。

 

支出が増える覚悟が必要!

お金を借りる前に

収入が少ない場合、当然欲しいものも変えませんし、生活も苦しいでしょう。
それゆえにお金を借りたくなる気持ちも分かりますが、毎月の支出に加えて、借金の返済が上乗せされるわけです。
その生活に耐えられないようであれば、お金を借りるのは良い判断とはいえません。
尚、消費者金融では収入の1/3以上は借りられないようになっています。

 

返さなければいけないお金です!

お金を貸す側になって考えてみてください。「きちんと返してくれる人」にお金を貸したいですよね?
銀行も消費者金融も商売ですから、出来る限り信用できる人にお金を貸したいわけです。
その為に消費者金融は審査を設けていますし、お金を借りるときは必ず審査に通らないといけません。
銀行の場合はその審査が厳しいので、銀行の審査に落ちて消費者金融にシフトする人も数多く居ます。

 

それでもお金を借りたいなら

お金を借りる前に

人によってお金を借りる事情は色々です。
家計のやりくりであったり、自分のスキルアップのため、急を要する場合というのは誰にでも訪れるものです。
消費者金融は利用者も多いことがあって、利息無しで借りれる期間を設けたり、その日のうちに振込みをしてくれるなど、
お金を借りる側が使いやすいサービスを展開しています。
ただし、借りたら出来るだけ早く返済しましょう!
返済が延びれば延びるほど利子がどんどん増えていきます。
お金を借りるリスクも肝に銘じておく必要がありますね。
http://www.pa69thpvi.org/

ホーム RSS購読